ソルトンの方針

ソルトンでは当犬舎の出産犬のみお渡ししております。

 理由は血統を維持するためと病気、特にウイルスに対する対策からです。

ソルトンの犬はシーズー本来のかわいさがあります!

 当犬舎は、犬質にも力を入れてきました。毛質、骨量、容姿,性格等には自身があります。とくに毛質が自慢です。ロングにしてもカットしても、柔らかくて抱き心地も最高です。

ソルトンの犬は排便と排尿の習慣が付くよう”すみつけ”をしています。

 ”すみつけ”というのは新聞紙を敷いて、そこで排便、排尿する習慣をつける事です。ソルトンの仔犬は生まれてからお渡しするまで、このすみつけをおこなっています。ですから、お渡しするまでには、7~8割はきちんと新聞紙の上(決まった場所)に出来るようになっています。室内で飼う場合、所定の場所でちゃんと排便排尿が出来るということは大切なことですので、これには特に手をかけています。
 わんちゃんが排便、排尿をするたびに話しかけながら新しい新聞紙と交換していますので、わんちゃんと接する機会が多くなり、たいへん人に慣れた愛嬌のある子が育ちます。ですからきっとあなたのお手元に届いた時には、しっぽを振って挨拶してくれると思います。
 ペットシーツを使うようにしたいというオーナーさんには、スムーズな移行の仕方についてもアドバイスしますので、里ママへ気軽にご質問ください。

健康管理について

 健康管理については、かかりつけの信頼できる獣医さんから常にアドバイスを受けて、健康な犬作りに努めています。また、お産に関しては母体の健康と安全を最優先に考え、無理な繁殖はさせておりません。

引退犬について

 年を重ねてもう交配をしなくなったわんちゃんを引退犬と言います。ソルトンでは通常より数年早く交配をするのをやめています。そして、後はのんびりと大好きな里ママに可愛がられて、余生を過ごしてもらいます。長年愛情をかけてお世話をして、がんばってくれたわんちゃんを、引退したからといって手放したりなんて出来ません。
 同じように、オーナーさんに引き取られた仔達みんなが皆様に可愛がって頂き、元気で幸せに天寿を全うしてくれることがソルトンの願いです。